秋の夜長にぴったり!とろろ月見うどんの美味しい作り方

秋の夜は、温かいうどんが心地よいですよね。今回は、とろろと卵が絶妙なハーモニーを奏でる「とろろ月見うどん」の簡単で美味しい作り方をご紹介します。寒さを感じる季節にぴったりな一杯、ぜひおうちで楽しんでみてください。
 
材料:
・うどん(生麺や乾麺、お好みで):2玉分
・とろろ:1つ(またはおろしポン酢)
・卵:2個
・だし:カップ2
・しょうゆ:大さじ3
・みりん:大さじ2
・青ねぎ:適量(みじん切り)
手順:
・うどんを茹でる: 鍋でうどんを表示される時間より1分短く茹で、ざるにあげて水で洗います。
 
・だしを準備する: 鍋にだし、しょうゆ、みりんを加え、中火で温めます。温まったら、弱火にして温かい状態に保ちます。
 
・とろろを準備する: とろろは器に取り、軽く混ぜておきます。おろしポン酢を使用する場合は、ポン酢と混ぜます。
 
・うどんを盛る: うどんを器に盛り、その上にとろろをのせます。
 
・卵を落とす: とろろの中央に生卵を割り入れます。黄身が見えるように注意深く割ると、月が見えるように仕上がります。
 
・だしを注ぐ: 温かいだしを、卵にかからないように器の端から注ぎます。
 
・仕上げ: 最後に青ねぎを散らして完成!
 
おすすめポイント:
・とろろの混ぜ方: とろろは軽く混ぜると、とろみがつきます。おろしポン酢を使う場合は、好みの量で調整してください。
・だしのアレンジ: だしに昆布や鰹節を加えて、風味をプラスすることもできます。
・生卵の扱いに注意: 生卵を割り入れる際は、新鮮なものを使用し、十分に注意してください。
秋の夜にぴったりの、あたたかなとろろ月見うどんをぜひお楽しみください!
 

 

 

happyandlife11.hatenablog.com