自家製イカフライ:カリッとした食感と美味しさを堪能しよう

イカフライは、カリッとした外皮とふんわりとした中身が絶妙に組み合わさった、人気のある海鮮料理です。レストランや居酒屋で楽しむのも良いですが、実は自宅で手軽に作ることができます。今回は、自家製イカフライの作り方を詳しくご紹介します。新鮮なイカの風味と、カリッとした食感を楽しんでみましょう!

 

材料(2人分)

イカフライ

・新鮮なイカ 2杯(約200g)

・薄力粉 100g

・卵 1個

・パン粉 150g

・サラダ油(揚げるために使用) 適量

・塩 少々

・こしょう 少々

・レモンのくし 1本(オプション)

手順

1. イカの下ごしらえ

・新鮮なイカを丁寧に洗い、水気をしっかりと切ります。

イカの頭と内臓を取り除き、触手を取り分けます。触手は適切な大きさに切ります。

イカ本体を縦に半分に切り、斜めに切れ込みを入れてダイヤモンド模様を作ります。これにより、イカが均等に広がり、揚げる際に美味しく仕上がります。

イカに少量の塩とこしょうを振りかけ、軽くもみ込んで味をなじませます。

 

2. イカフライの仕上げ

・3つのボウルを準備します。1つに薄力粉、1つに溶いた卵、もう1つにパン粉を入れます。

イカを薄力粉でまぶし、余分な粉を振り落とします。

・次に、イカを卵にくぐらせ、全体に均一に卵液を絡めます。

・最後に、パン粉にイカをくぐらせて、しっかりと衣をつけます。

 

3. イカフライの揚げる

・中サイズのフライパンにサラダ油をたっぷりと熱します。油温が約170°Cになったら、イカフライを入れます。

イカフライがきつね色になるまで、片面約2分ずつ揚げます。イカが浮いてカリッと揚がるまで待ちます。

 

4. 盛り付け

・キッチンペーパーの上にイカフライを取り出し、余分な油を吸わせます。

・レモンのくしを添えて、お皿に盛り付けます。好みでレモンを絞って食べると、さっぱりとした風味が楽しめます。

 

アレンジのアイデア

イカフライをカレーソースやトンカツソースで食べると、新たな風味が楽しめます。

イカの代わりにエビやカキを使って、シーフードフライを作ることもできます。

自家製のイカフライは、外はカリッと、中はふんわりとした食感がクセになる美味しい一品です。この簡単なレシピを試して、新鮮なイカの風味を楽しんでみてください。家族や友人との食事にも最適で、特別な日にもぴったりです。