秋のごちそう!月見つくねの作り方

秋の夜空に浮かぶ満月をイメージした、美しい月見つくね。つくねは日本の伝統的な食材で、卵黄をのせたつくねの上に月が浮かび、和風の美味しさが広がります。今回は、月見つくねの作り方を詳しくご紹介します。秋の夜を彩る、美味しい一品をご家庭で楽しんでみましょう!

 

材料(2人分)

つくね

・鶏ひき肉 300g

・玉ねぎ(みじん切り) 1個

・しょうが(みじん切り) 1片

・酒 大さじ2

・醤油 大さじ2

・塩 少々

・こしょう(挽きたて) 少々

・卵 1個

月見つくねのための材料

・卵黄(生卵を殻から取り出す) 2個

・ごはん(白ごはん) 2杯

・細ねぎ(みじん切り、トッピング用) 適量

・だし醤油(市販のものを使用) 適量

手順

1. つくねを作る

・ボウルに鶏ひき肉、玉ねぎ、しょうが、酒、醤油、塩、こしょうを入れ、よく混ぜます。

・材料がしっかり混ざったら、卵を加えて再び混ぜます。

・手を濡らして、つくねを丸めます。小さめのボール状にすると食べやすいです。

・フライパンにサラダ油を熱し、つくねを焼きます。中火で両面がきつね色になるまで焼きます。焼きあがったら一旦取り出します。

 

2. 月見つくねを盛り付ける

・ごはんを器に盛り付けます。

・つくねをごはんの上にのせます。

・卵黄をつくねの上にのせ、細ねぎをトッピングします。

・最後にだし醤油をかけて完成です。

 

アレンジのアイデア

・つくねの中に具材を加えてアレンジすることができます。シイタケ、青ねぎ、チーズなど、お好みの具材を混ぜ込んでみましょう。

・だし醤油の代わりにポン酢やごまだれをかけても美味しいです。

月見つくねは、見た目にも美しい和風の料理で、秋の夜にぴったりです。このレシピを試して、家庭で手軽に月見つくねを楽しんでみてください。卵黄がつくねの上に広がる瞬間は、まるで満月のよう。家族や友人と一緒に楽しむと、特別なひとときになること間違いありません!