秋の味覚!美味しい鮎の楽しみ方

秋の訪れとともに、川や渓流で獲れる鮎(アユ)は、日本の旬の味覚として楽しまれています。小骨が多いことから敬遠されがちですが、鮎の旨味と食感は格別です。今回は、美味しい鮎の食べ方をご紹介しましょう。アユの季節を堪能しましょう!

 

1. 塩焼き

材料(2人分)

・鮎 4尾

・塩 大さじ1

・ごま油 大さじ1

・レモン(スライスしたもの) 1枚

手順

1.鮎を下ごしらえし、内臓を取り除きます。

2.鮎の表面に塩をまぶし、10分ほど置いて水分を抜きます。

3.フライパンにごま油を熱し、鮎を両面こんがり焼きます。

4.レモンスライスを添えて、熱々を召し上がれ。

 

2. 鮎の天ぷら

材料(2人分)

・鮎 4尾

・片栗粉(もしくは薄力粉) 適量

・卵 1個

・油(揚げる分) 適量

・塩 少々

・だし醤油(つゆ) 小さじ2

手順

1.鮎を下ごしらえし、内臓を取り除きます。

2.鮎に塩を振り、片栗粉で軽くまぶします。

3.卵に塩を加え、混ぜます。

4.フライパンに油を熱し、鮎を卵液にくぐらせてから揚げます。

5.きつね色に揚げたら、キッチンペーパーで油を切り、だし醤油をかけて召し上がれ。

 

3. 鮎寿司

材料(2人分)

・鮎の開き 4尾

・すし飯(ごはん) 2杯

・酢飯の調味液(酢、砂糖、塩を混ぜたもの) 大さじ2

・海苔(のり) 4枚

・わさび、しょうが、醤油(お好みで)

手順

1.鮎の開きを軽く焼いて、酢飯の調味液に絡めます。

2.海苔を半分に切り、手にごはんを取り、鮎をのせます。

3.わさびやしょうが、醤油を加えて巻き寿司にして完成です。

鮎は秋の味覚として楽しめる贅沢な食材です。塩焼き、天ぷら、鮎寿司など、さまざまな調理法で美味しさを堪能しましょう。また、小骨が多いため食べる際は注意が必要ですが、その旨味と食感を楽しむことができることでしょう。ぜひこの秋、鮎を使った料理を試して、旬の味覚を楽しんでください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】10-13 鮎の甘露煮
価格:10,000円(税込、送料無料) (2023/9/3時点)