美味しさと栄養を楽しむ!手作り納豆うどんのレシピとコツ

日本の伝統的な食材である納豆と、シンプルで美味しいうどんを組み合わせた納豆うどん。これは、栄養価の高さと旨みが融合した一品です。今回は、自宅で手作りする楽しみと美味しさを味わえる、納豆うどんの作り方とポイントについて詳しく紹介します。

 

【納豆うどんの魅力】

・栄養豊富な納豆: 納豆はたんぱく質、食物繊維、ビタミンKなどが豊富で、健康への良い影響が期待される食材です。

・シンプルなうどん: 手作りうどんは、シンプルな材料からつくられており、もちもちとした食感が楽しめます。納豆うどんに合わせて、食材の持ち味を楽しむことができます。

【材料の準備】

手打ちうどん用の中力粉: 200g

・水: 100ml

・塩: 小さじ1/2

・納豆: 2パック

・ネギ(みじん切り): 適量

・醤油: 大さじ2

・七味唐辛子: 適量(お好みで)

【手作りうどんの作り方】

1.生地の作成: ボウルに中力粉を入れ、水と塩を加えて混ぜます。滑らかな生地になるようよくこねます。

2.休ませる: こねた生地をラップで包み、30分ほど休ませます。この間、生地がしっとりと休むことで、うどんがもちもちの食感に仕上がります。

3.うどんの伸ばし方: 休ませた生地を薄く伸ばし、折りたたんで重ね、再び伸ばす作業を繰り返します。こうすることで、うどんのもちもち感が増します。

4.切る: 生地を細長い帯状に切り、麺棒を使って平らに伸ばし、手打ちうどんの形に整えます。

5.ゆでる: 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、うどんをゆでます。麺が浮いてきたらゆで上がりです。冷水ですすぐに冷やし、水分を切って器に盛ります。

 

【納豆うどんの仕上げ】

・納豆の下ごしらえ: 納豆はパックを開けてしっかりと混ぜ、ねばりを引き出します。

・納豆を和える: うどんの上に納豆をのせ、醤油を加えてよく混ぜます。納豆特有の風味と醤油の味わいが絶妙に組み合わさります。

・ネギをトッピング: みじん切りにしたネギを納豆うどんの上に散らし、彩りと風味を加えます。

・七味唐辛子を振る: 辛味を楽しむ方は、七味唐辛子をふりかけて仕上げます。

 

【アレンジとポイント】

・トッピングのアレンジ: 他にも、ワカメや卵、おろしポン酢、刻み海苔などをトッピングとして加えることで、さまざまなアレンジが楽しめます。

・具材の追加: 納豆うどんに魚介や野菜などを追加してボリュームアップすることもおすすめです。

 

手作り納豆うどんは、納豆の風味と手打ちうどんのもちもち食感が絶妙に組み合わさった一品です。シンプルながらも美味しさと栄養を楽しんで、自宅で手作り料理の魅力に触れてみましょう。